虫歯|埼玉県川口市で歯医者をお探しならセンタービル歯科へ

0482258049

虫歯

虫歯の進行と治療法

image

お口の中には細菌がいっぱいです。お口の中の常在菌は少ない人で120種、多い人では350種以上も存在し、その数は少なくとも1000億個以上といわれています。
その中のミュータンスレンサ球菌が食事に含まれる糖質からプラーク(歯垢)という糊(のり)のようにべたつくものをつくりだして、歯に強力に付着して繁殖を始めます。
このプラークの中で砂糖や炭水化物が発酵し、酸が産生され、歯はその酸によって少しずつ溶けていきます。これが虫歯の始まりです。

C0

image

虫歯の一歩手前の状態。エナメル質が変色、あるいは少しだけ黒く変色してる状態です。穴は空いておりませんが、放置すると虫歯が進行します。これ以上進行が進まないように定期的に確認する必要がございますので、3~6か月に1度定期健診にお越しください。

C0に対する主な治療
image

ブラッシング

ブラッシングを徹底することで進行を止めることができます。また、フッ素を塗布することで、エナメル質が強化されますのでお勧めです。当クリニックでもフッ素の塗布を行っている他、フッ素が含まれた歯磨き粉を多めに使用することでも効果があります。

C1

image

エナメル質に小さな空いた状態です。まだ痛みはなく、歯と歯の隙間にあったりすると気づかないことも多いです。さらなる進行を防ぐ為、虫歯の箇所を削り、コンポジットレジンというプラスチックの素材を詰めます。保険が適用となる素材で、1回で治療が終わります。

C1に対する主な治療
image

コンポレットレジン

コンポジットレジンは保険治療のうえ、歯を削る量が同じ保険治療の銀歯より少ないために体にとって優しい治療法といえます。しかし、耐久性が低い為大きな虫歯には使用できません。

C2

image

エナメル質の奥にある象牙質まで虫歯が進んだ状態です。この段階になると、冷たいものなどがしみるようになってきます。比較的小さい状態であれば、C1と同じくコンポジットレジンでの修復となります。穴が大きい場合は、インレー(詰め物)による修復が必要になります。

C2に対する主な治療
image

メタルインレー

いわゆる銀歯です。
保険が適用出来ます。

image

セラミックインレー

自然の色合いに近いセラミックの詰め物です。

審美歯科へ

C3

image

虫歯が神経まで進行した状態です。神経まで進んでいるため、何もしていない時でも強い痛みを感じます。神経組織を取り除く根管治療を行います。
虫歯菌を取り除いた後、クラウンをかぶせ修復します。

C3に対する主な治療
image

メタルクラウン

銀で作られた保険適用のクラウンです。

image

セラミッククラウン

自然の色合いに近いセラミックのかぶせものです。

審美歯科へ

C4

image

歯全体が虫歯に侵されているため、ほとんどの場合は歯を残すことが難しく、抜歯になります。比較的早期発見の場合は、C3と同じく根管治療などを施す場合もあります。抜歯後は、インプラント、ブリッジ、義歯などで欠損部を補います。その中でもインプラントは、天然歯とほぼ同じくらいまで機能を回復させることができます。

C4に対する主な治療
image

インプラント

インプラントという人工的な歯の根っこ(人工歯根)を埋め、その上に人工の歯冠を作る治療法です。

インプラントへ

image

入れ歯

保険の入れ歯から使い心地の良い自費の入れ歯まで数多く種類がございます。

image

ブリッジ

失った歯の両隣に金属の支えを入れることで義歯を装着する治療法です。

ページトップへ戻る