歯周病|埼玉県川口市で歯医者をお探しならセンタービル歯科へ

0482258049

歯周病

歯周病とは

image

成人が歯を失う一番多い原因は歯周病です。
歯垢とは、口の中で繁殖した細菌がネバネバした物質(プラーク)とともに歯にくっついているもので、細菌のかたまり(バイオフィルム)と呼ばれています。
歯垢は次第に硬くなって、歯石となり、歯科医院以外では簡単に取り除けなくなります。

それ以外にも、糖尿病などの全身の病気や、喫煙などの生活習慣が、歯周病を引き起こすきっかけとなったり、悪化させる原因になったりしています。

歯周病の進行と治療について

歯周病は歯を支える歯周組織を破壊する病気で、初期には自覚症状がほとんど無く、気づかない間に進行してきます。

健康な歯ぐき

image

歯肉が健康なとき、歯は歯周組織(歯肉、歯根膜、セメント質、歯槽骨)によって、しっかり保持されています。
正常な歯肉はピンク色で引き締まっています。

軽度の歯周炎

image

歯肉の炎症が進行してくると、発赤、腫脹が著しくなり磨くと出血します。
歯の支持組織にも炎症が進み、歯周ポケットが形成され骨の吸収も始まります。
写真の症例では健康な状態に比べ、歯ぐきが下がっている様子が見てとれます。

初期の歯周炎に対する主な治療
image

スケーリング

歯や歯根の表面(根面)からプラーク(歯垢)と歯石を除去することです。

image

ルートプレーニング

深くまで進行した歯周ポケットの内部の歯石を取り除く治療です。

重度の歯周炎

image

重度歯周炎になると歯がグラついたり、ひどい口臭が表れます。
ここまでの状態になると早急な手術が必要です。
可能な限り歯を残すことを目標としますが、長期的な視点から、やむを得ず抜歯をお勧めする場合もあります。

重度の歯周炎に対する主な治療

歯周外科手術

局所麻酔をして歯肉をメスで切り、ペロッと剥がして歯の根っこや歯を支えている骨(歯槽骨)をむき出しにします。
そしてスケーラーで歯茎の奥深くの歯石や感染歯質を徹底的に除去したり、骨が溶かされてデコボコになってしまったところをきれいに平らにしたりした後、歯肉を元通りに縫合します。
手術時間はケースによって様々ですが、通常1時間くらいはかかります。麻酔をするので手術中に痛みはありませんが、術後に傷口が痛むことはあります。

ページトップへ戻る